Powered by Six Apart

虫歯治療 Feed

2013年2月14日 (木)

寝る前に食べても大丈夫なチョコレートって?

昨日はバレンタインデーでした。

Cimg6809

もろおか歯科では、キシリトール100%のチョコレートを
患者さんにさし上げました。

 

何と、寝る前に食べて歯を磨かなくても、虫歯になりません!

できるだけキシリトールがお口の中にとどまった方が良いので、
噛まずにアメのように溶かして食べると効果的です。


L1022735

好評でしたので、今後も扱っていくことになりました。

受付にてお求めください。





L1022727

私もスタッフから頂きました。

こちらはキシリトールではないので、ちゃんと歯を磨かないと!


2011年7月30日 (土)

しっかり奥まで届きます

最近、もろおか歯科で人気のケアグッズがあります。


05_img08
それが、ハンドル付きのフロス。



なかなかフロスって習慣化するのって、面倒くさくて続かない方が多いと思います。
白状しますが、実は私も患者さんには「毎日やったほうがいいですよ」と言いながら、毎日はなかなかできていませんでした。



フロスには、糸を適当な長さに切って指に巻き付けるタイプと、プラスチックのフレームに糸が固定されたタイプとがあります。
Img_ruscello



適当な長さに切って指に巻きつけて使うタイプは、一番汚れが落ちるのですが、面倒くさいとか、指が痛い等の理由でやめてしまう方が多いようです。


また、フレームに付いたタイプは簡単ですが、通す方向が限られていたり、今までのものは柄が短くて奥まで届きにくいようです。




その点このフロスは、歯ブラシと同じ柄に付いているので、奥まで届きやすく、方向も変えられるので前歯にも奥歯にも使えます。

07_img08

07_img09
05_img07
フロスの部分は、使えなくなったらその部分だけ交換できるので、経済的です。


今まで、フロスを使おうと思ってもなかなか続かなかった方は特にオススメですが、すでにフロスを習慣化されている方にも良いと思います。

興味のある方は、スタッフに聞いてみてください。
みんな、毎日使っています。(のはず・・・)



詳しくは、こちらのHPをご覧ください。

2010年9月29日 (水)

歯の絆創膏?

今朝の日経新聞から

近畿大と大阪歯科大の共同研究で、歯の表面を修復するアパタイトのシートが開発されたそうです。

通常、歯の表面は一度失われると元に戻すことは難しく、金属や樹脂で埋めて補います。

このシートも大きな虫歯の治療には向かないかもしれませんが、歯の表面に張ることで一体化して刺激から保護するので、歯の表面が歯磨きの摩耗で削れたりして冷たいものがしみたりする、「知覚過敏」には効果的だということです。

企業との共同開発で5年以内をめどに実用化させるそうです。

2010年5月20日 (木)

部分矯正(2)

部分矯正(1)の続き

約1ヶ月後
Img_3672

2mmほど元の位置より引き上げられた。

I_003
治療前→治療後

Img_3744
これによって、被せる位置が歯肉と同じ高さになり、治療後の管理ができるようになる。

2010年5月18日 (火)

部分矯正(1)

20代女性

虫歯が歯肉の下に深く進み、このままでは被せる治療ができない。

I001


そこで、部分的に矯正装置を取り付け、歯を上に引き上げる。

Img_3591

Img_3593