Powered by Six Apart

« インプラントの歯周病? | メイン | 博多の夏と言えば・・・ »

2013年7月12日 (金)

ジルコニアクラウン

40代男性
以前被せた銀歯が笑ったときに見えるため気になっていた。

Img_5504


今回治療するにあたり、ジルコニアという材料を使用した。
理由は白い被せものを希望だが、歯ぎしりやくいしばりの
徴候が見られるため。
ポーセレンやハイブリットでは欠けやすい。


Img_7126

ジルコニアは「白い金属」ともいわれ、大変強度が高い。
ジルコニアのブロックをCAD/CAMで削り出すので、
薄くてもしっかりとした硬さを持つ。



1

治療前

Img_7164

ファイバーコアを入れたところ

Img_7162_2

ジルコニアクラウンが入ったところ

Img_7163

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。