Powered by Six Apart

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

開業医と大学病院の連携について

昨夜は九大同窓会の学術講演でした。

2013_06_26_19_38_48


口腔外科の先生のお話で、開業医と大学病院が連携する
ために必要な口腔外科の基礎知識や症例を見せていただ
いて、大変勉強になりました。


進行すると処置の範囲が大きくなるので、治療後の生活
にかなりの影響を及ぼします。
できるだけ早期に我々が発見をして、大学病院に引き継
ぐことの重要性を改めて感じました。

2013年6月25日 (火)

一匹目はメスでした

先日のカブトムシの幼虫。

「長崎での収穫」

ようやく一匹目が羽化しました。
息子は大喜び。

20130623_093726
羽化したばかりでまだ羽が固まっていないようで、
色が薄いですね。

あと何匹出てくるかな?

2013年6月23日 (日)

今年のバジルはいい味でした

恒例のバジルペースト作り。
Dsc01006


Dsc01004
庭のバジルを摘もうと思ったら、先客が・・・。


Dsc01015
最近の雨ですくすく育って、たっぷり収穫できました。

Dsc01018


Dsc01021
シーフードパスタに和えてみました。

なかなかいい味でした。

2013年6月22日 (土)

副島さんにも紹介していただきました

副島さんのfacebookにも、先日の講演の様子を紹介していただきました。

https://www.facebook.com/masazumi.soejima/posts/581129765272918

20130622_191407

自分らしく生きる 車イスアスリート 副島正純さん

もろおか歯科の患者さんである、車イスアスリートの
副島正純さんに院内で講演していただきました。

Dsc00976

ロンドンパラリンピックの車イスマラソンの日本代表
であり、先日の東京マラソンや横浜で行われたトライ
アスロンでも見事優勝されています。

Dsc00977  
事故で車いす生活になり、どうやって今のアスリート
としての生き方を選んだのか、そしてこれから目指して
いることを聞き、スタッフ一同心から感動し、勇気を
頂きました。



彼のレーススタイルは、駆け引きをするよりも最初から
全力でトップを走ります。
ただ勝つ事が目的なら駆け引きが必要でしょうが、
そのスタイルを貫くことで自分らしく戦うという姿勢は

カッコいい


Dsc00983
身近でトップアスリートの方の生き様を聞く事が出来て、
大変刺激を受けました。

私も自分の能力を最大限に生かして、患者さんの治療に当たる
歯科医でありたいと思います。



副島さんのHP

http://www.m-soejima.com/



初めて副島さんにお会いしたときに、障がい者のスポーツ選手
は全く競技団体からの金銭的なサポートが全くなく、練習の
施設もない事を知り、大変驚きました。
日本代表であってもです。

彼の活躍によって勇気づけられる人たちが沢山います。
ぜひ、これからも副島さんらしく活躍して多くの人たちに
希望を与えて頂きたいと思います。

そんな副島さんの活動をサポートするソシオが発足しました。

http://www.m-soejima.com/socio/

個人の申し込みは6月一杯です。
興味のある方はぜひご協力下さい!


Dsc00989
講演の後は「山口」で懇親会。

副島さんをフルサポートされている奥様の話も、ただただ
感心するばかりでした。


Dsc00996
ムキムキの筋肉に触らせていただいて、女性陣は大喜び!

Dsc00999
山口のご主人は以前副島さんをよく見かけていたそうです。
早速、ソシオに協力いただきました。


もろおか歯科もお口の健康管理で副島さんの活動をサポート
していきます。

2013年6月19日 (水)

インプラントの感想

この方 の治療後の感想

S_kanso_4


治療前

Img_4934


治療後

Img_6854_02

<院長より>

まだ、20代なので、ブリッジのように歯を削る治療の
選択をすると、将来的に同じ歯を何度も治療する可能性
があります。

そうすると、いつかは歯がなくなってしまい、もっと
大掛かりな治療が必要になる可能性が高いです。

今後もうまく管理して今の状態が長持ちするように、
一緒に頑張りましょう。

インプラント症例

20代 女性

 

虫歯で歯を抜く必要があり、ブリッジは見た目が良くないのと、
歯を削りたくないとの理由でインプラント治療を選択された。

 

長期間被せ物が外れた状態で放置したため、
内側深く虫歯が進んでしまい、抜歯することになった。

 

 

Img_4934


Img_4936

 

かみ合わせの歯も下がってしまっている。




抜歯後4カ月の状態。


Img_5310

 

Img_5309

傷も治り、抜いた部分に骨も出来てきている。



治療後

Img_68520


Img_6854_02_2


久しぶりに右側で噛めることを喜ばれていた。

2013年6月15日 (土)

お一人様向けジンギスカン?

学会終了後、旅行会社勤務の患者さんに教えていただいた
ジンギスカンのお店に行ってみました。

5年前の医院旅行で行った「松尾ジンギスカン」
もおいしかったのですが、時間によっては行列に
なるという人気店の「だるま」。

20130615_180858

すすきのに三店舗ほどあるようです。


私が行ったお店はカウンターだけのお店で、
ひとりで来ている人も結構多かったです。


20130615_174254
カウンターに取り付けられた七輪に、
ネギとタマネギを置かれた鍋で肉を焼きます。

20130615_173956
あらかじめ味の付いたお肉ではなく、
タレにつけて食べます。
あっさりしていて食べやすく、
つい三皿も食べてしまいました。

20130615_180438
〆に、地元の人がやっていたのを見よう見まねで、
お茶づけ?風にして食べてみました。

20130615_17430601
店舗によって出されるビールが違うらしく、
私が行ったお店はサッポロクラシックでした。

また、ぜひ行きたいお店です。



20130615_182501

沢山食べたので、ホテルまで歩いて帰りました。
その途中にある公園で地元の方がくつろいでいました。
奥にはタワーが見えます。
とても気持ちのよい季節でした。

「ペリオドンティストが歯をまもる」 臨床歯周病学会学術大会 in 札幌

週末は北海道で行われた「臨床歯周病学会」に参加しました。

20130615_17231501

今回の学術大会のテーマは
「ペリオドンティストが歯をまもる」 ~We save teeth~



安易に歯を抜いてインプラントや入れ歯にするのではなく、
歯周病治療に関わる歯科医師としては、いかに一本の歯を
残す事にこだわるのか。

20130615_090527

若手の先生から、10年以上の長期症例を多数持つベテランの
先生まで色々と参考になる話を聞く事が出来ました。



土曜日の昼に行われたランチョンセミナーは、
講師の先生が提示する症例に、グループで治療計画を立て、
それぞれ発表するという物でした。

20130615_133643 

我々のグループの講師の先生から出されたお題は、
治療の終了した患者さんを、どのように歯周病を
管理するのかについてでした。


20130615_134144

それぞれの得意とする専門分野を持つ先生方から
活発な意見が出され、大変ためになる情報を聞く事が出来、
今回の学会で一番の収穫がありました。


明日からの診療にぜひ活かしていきたいと思います。



私の不在中、留守を守ってくれる副院長を始め、
スタッフのおかげでこうしてセミナーに
参加できる事は
大変恵まれていると思います。

次回はぜひスタッフを連れて参加したいと思います。

2013年6月13日 (木)

うどん始めました 華かご

よくお世話になっている、近所の食事処「華かご」。
本店の向かいにある焼き肉店で、昼にうどんを始めました。

うどんかそばの温かい、冷たいが選べ、惣菜も食べ放題。
しかも替え玉無料で550円デス。
(あまりうどん、そばの替え玉って聞いた事がないですよね!)

私はうどんを頂きましたが、讃岐ほどは硬くなく、福岡のうどんみたいには柔らかくない麺で、食べやすかったです。


20130612_140724
食べるのに一生懸命で、写真を撮り忘れる所でした(笑)。
食べかけでスミマセン。

20130612_135915
惣菜は日替わりだそうです。

20130612_14001300
メニューは単品のうどんそばもあります。


食べ盛りのお子さんを持つファミリーや、学生さんにオススメです。


<追伸>
うどんバイキングはお昼のみだそうです。

夜は今まで通り焼き肉をやっています。